牛タマンとテール・スー子の日々

仙台での日々のあんなことこんなこと。一言日記。

スポンサーリンク

【絶対コレ】仙台で家を建てるなら調べよう④


スポンサーリンク

どうも、牛タマンです。

 

前回、③では日常的に発生しうる大雨による浸水被害のハザードマップについて紹介しました。

 

www.sendai-home.com

 

今回は、購入しようといている土地の地盤が強いのか弱いのかの目安を知ることのできるサイトを紹介したいと思います。

 

地盤サポートマップ(ジャパンホームシールド)

f:id:itosama:20200302192528p:plain

出典:ジャパンホームシールド株式会社HP

 

ジャパンホームシールド株式会社という会社が独自で公表している「地盤サポートマップ」というツールがあります。

誰でも無料・事前登録なしで、気になる土地の地盤の強弱をすぐに調べることができる、とても便利なツールです。

こちらの会社はリクシルグループの関連会社となっており、おそらく独自データを蓄積しているものと思います。

 

f:id:itosama:20200302192801p:plain

出典:ジャパンホームシールド株式会社HP

 

使い勝手は最高

マップ上で地盤の強弱が表示されているので、使いやすさは抜群です。

スマホだと少し見づらいので、パソコンで閲覧することをおすすめします。

 

地盤改良費は100万円をみておいたほうがいい

それで、地盤が弱いとどうなのかというところ。

ハウスメーカーなどを見学していると必ず言われるのが、軟弱地盤であった場合は地盤改良工事費が必要となること。

これは、弱い地盤のもっと下に存在している支持層という強い地盤までくいを打つ改良方法のようです。

この地盤改良費で一般的な32坪程度の住宅を建てる場合、100万円程度はかかるのが通常となっているよう。

 

建築士さんなどの意見を聞いていると、地盤が強い土地に家を建てるのが一番と耳にしました。

地盤改良費は決して安くありませんので、地盤サポートマップを活用して、購入する前にある程度の予算の見積もりの参考にすると良いと思います。